転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

転職は頭をよぎった時、人生設計と価値観を見直すチャンスである

社会人になって三、四年経ったとき、ふと転職を考えるようになったという人は増えてくると思います。新社会人で必死になって仕事を覚え、仕事や社会人としての生活に慣れ、いつしか責任ある仕事も任されるようになります。その中で最初の夢中だったころのような刺激がなくなり、要領を得ることで日々に余裕ができるときに、ふと自分の人生はこれで良いのか、と考えてしまうのです。

その考えは決して悪いことではありません。自分の人生設計を冷静に見直すひとつのチャンスだと捉えることができます。就職時にその会社の決め手となったことを今一度見直したり、入社してから何か違うなとずっと感じてきたことをもう一度考え直してみたり、社会人になってから興味を持ったものに対する情熱を確認してみたりすることは大切なことです。

もちろん人生に綺麗ごとばかりは言っていられません。どんなに好きな仕事でも、給与の面で転職せざるを得なくなる人もいます。重要なのは、自分の人生において一番大切なことは何か、冷静にランキングをつけるのです。仕事でも良いですし、家庭でも良いでしょう。裕福な暮らしを選ぶのか、貧乏でも夢のある仕事を選ぶのかはその人の価値観次第です。自分の直感に素直になって冷静に自分自身を見つめなおし、決断した転職は、その人の成長に大きく影響を与えると思います。

おすすめ情報