転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

日本における転職の問題

日本においては、長期にわたる不況が続いてきました、最近でこそ、経済が回復傾向にあり、求人倍率も伸びていますが、就職についてはかなり困難でした。しかしながら、高い競争を勝ち抜いて、せっかく就職したにも関わらず、3年以内で離職して転職する人もいます。中卒の人で7割、高卒の人で5割、大卒の人で3割が、就職後3年目までに離職すると言われている、いわゆる七五三問題です。石の上にも3年という言葉があるように、どうしても下積みの期間が必要です。キャリアを積んでいって、自分の仕事が進めることができるようになっていきます。

もちろん新卒で入った人にも、自分なりの夢があったり、ビジョンがあったりすると思いますし、それを持っていることは大事なことです。しかし、それを実現していくためには、時間がかかるということを理解しなければなりません。会社にはその会社のルールというものがありますので、それを身に付けなければなりませんし、自分一人で仕事ができるわけではありませんので、先輩や上司の指示に従わなければなりません。最初からすべてができるわけではなく、徐々にしかできないことを理解しておかないと、早期転職につながってしまうと思います。