転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

40代の転職に関する現実

色んな理由で転職を考える人がいると思います。次のキャリアUPの為、リストラによって否応なくせざるを得ない為、人それぞれでしょうが、どちらにしろ自分の生活がかかっている訳で、慎重・重要な大事に違いありません。若い世代ならば、まだ選択肢が多いでしょうが、それが40代ともなると厳しいものがあります。私は40代で転職活動をした経験があります。会社の業績不振により私より歳の人、若い人含め、50人がリストラにより会社を去りました。私はリストラを逃れましたが、目の前でそれが行われ、私の仕事も内容が変わり、今までの専門業務を行えず、辞めたパートがしていた仕事を行う日々です。次は自分か、と思い、転職活動を行ったのです。

私には、管理職の経験がありませんが、前年、ある国家試験に合格していましたし、専門分野では社内でオンリーワンの自負がありました。外にでても通用する、何とかやっていける。という自負です。しかし現実は甘いものではありませんでした。会社としては、せめて30代の若い者を採用し、国家試験に合格させれば良い、育てれば良い、という考え方が一般的です。40代ともなると、専門職よりは、管理職の経験を活かして、自社の部下をマネージメントして欲しい、と考える企業の方が多いようです。それ程厳しいという事と、40代で転職できる人は本当の実力を持った人、とも言えるでしょう。

おすすめ情報