転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

転職に向けて努力していますが。

接客業からIT分野の仕事に転職しようと考えていますが、転職は安易にできることではなく、非常に苦戦しています。現在、IT分野の国家資格を取得しようと努力していますが、試験内容が非常に難しく、精神的に参りそうになっています。専門学校時代、コンピュータ系の学校に通っていため、ある程度の事前知識はあり、基本的な資格は取得していたものの、高度な資格を取得しようとすると、どうしても資格取得のための勉強方法を優先してしまいます。難関と呼ばれる国家資格を取得しようとする場合は、特定の分野を深く勉強することが難しく、浅く広く技術を身につけることになります。

それでも、資格を持っているのと持っていないのでは、転職のしやすさが全く変わってきます。年齢が若ければ無資格でも大丈夫なのですが、年齢が上に上がれば上がるほど、有資格者の方が転職に有利になります。技術を取得するための努力ができるか、できないか、が問題になります。特にIT系の仕事は、日進月歩する技術を習得するために常に勉強が必要になる業界ですので、努力した結果を残す姿勢は、選考にプラスになること間違いなしです。行き当たりばったりで就活をするのではなく、まずは自分の知識を広げてみる努力をしましょう。