転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

転職理由は単なる愚痴になってはいけない

転職だろうが新卒だろうが、面接で聞かれることのだいたいは変わりませんが、しかし転職に特有のことを聞かれることもあります。それはたとえば、退職理由または転職理由です。どうして転職をしようと考えたのか、また前の会社のどういうところに不満を抱いていたのかなど、事前にしっかりとどのように受け答えをするべきか考えておくべきでしょう。

まず、単なる愚痴になってしまってはいけないということは言うまでもないでしょう。退職理由が、会社の悪口になってしまっていたは、相手にどんな心証を与えてしまうか容易に想像がつくはずです。また退職にあたっての不満をどのように解決しようとしたのか、そのプロセスを面接官は聞きたいのです。不満を不満のまま放っておいて、逃げ出すような形で退職したと言ったような場合は、あまり良い心証を受けません。そうした不満を転職によってどのように解決をしたいのか、という部分も聞かれるので、よく確認しておくべきです。そのためには、自分がどうして転職をするのかという目的の部分をはっきりさせておくということが大事になります。転職の目的がはっきりしていれば、面接でそれを聞かれたとしても受け答えに困ることはないでしょう。