転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

転職の際の職務経歴書はどのように書くのが良いか

職務経歴書は、転職を左右する重要な必要書類です。その書き方いかんによって、転職が成功するかどうかが決まると言っても言い過ぎではありません。どのようなところに気を付けて書けば、より職務経歴書に仕上げることができるのでしょうか。

職務経歴書の書き方で守るべきところと言っては、実務経験や自分のスキル、これまでどんな採用の職務を務めてきたのか、などといった情報を多角的に書き記すということです。転職ではそれまでの実績が重視されます。職務経歴書ではその実績をうまく伝えるように心がけて書くようにしましょう。まずは、どんな会社で働いてきたのかを整理します。会社の業務内容や勤務地、それから年商まで、思い出せるだけ思い出してみるようにしましょう。わからないところがあれば会社に伺いを立ててみると良いです。自分がどんな仕事をしてきたのか、言葉にするとなかなか説明がしづらいものです。このあたりもしっかりと頭の中で整理して、自分がこれまでどんな部署でどんな業務をこなしてきたのかを考えます。そうやって努めてきたことによって、会社にどんな利益をもたらしたのかという部分も、転職には重要なポイントです。こうしたことを整理して、紙にでも書き出したうえで、職務経歴書を書きましょう。