転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

転職の際の職務経歴書の書き方

転職をするときには、新卒の時とは違って、職務経歴書というものを書かなければなりません。転職の場合は、その人の実績やスキルを重んじますから、職務経歴書ではそういう部分を意識して書くと良いしょう。しかし実際書いてみるとなったらわからなことも多い筈です。しっかりと書き方を確認して、誤りのないものに仕上げなければなりません。

まず職務経歴書は、1〜2枚程度のもので良いでしょう。あまり長すぎてもくどくどしくなってしまいますし、しかし短すぎれば淡泊と思われてしまいます。ちょうどよい枚数を自分経歴と兼ね合わせて探りましょう。手書きよりもパソコンで買うと良いのが、職務経歴書です。履歴書の場合は手書きが基本ですが、職務経歴書はパソコンで書いても問題はないですし、むしろそちらの方が読みやすく、相手からの好まれるうえに、しかも修正もしやすいので書きやすいです。基本的には写真などを張る必要はありませんが、指示によっては写真の提出を求められる場合もあります。まずは支持をしっかり確認してから、職務経歴書を書き始めましょう。もし英語の業務や外資系企業を希望するのであれば、英語の経歴書も同様の形で書いて提出すると良いでしょう。