転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

早く昇進したかったので転職する

総合職として入社企業では、役職となるためには条件があります。例えば勤続7年以上であること、資格試験に合格していることなどです。会社側としては、しっかりと学んで頑張った者に役職になって欲しいことなのでしょうが、勤続7年以上という条件は、少し長すぎると思っていました。私は入社2年目の頃には、役職となるために必要な資格は取得してしまったので、後は勤続年数の条件を満たすのみだったのです。しかしそれまではとても長く感じていました。ですからもっと早く実力次第で昇進できる企業に転職しようと考えました。

転職するために活用したのは、転職支援サービスです。このサービスは、登録することによって、条件に合致した求人を見つけたり、紹介を受けたりなどが可能です。私は職種や給料のほかにも、早く昇進できることを条件としました。すると私のプロフィールを拝見した企業から面接のお誘いがあったので、受けてみることにしたのです。その企業は、年齢は関係なく、実力次第では早く昇進できることが分かったのです。ですからこの企業に転職を決めました。現在は役職として働いており、仕事は大変忙しいです。しかしきちんと評価をしていただいていますし、給料も納得しています。

おすすめ情報