転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

転職の決断をして良かったこと

転職の決断をして良かったのは、資格を活かすことができたことです。この資格は、転職を行う数年前から勉強し、チャレンジしていたのですが、難しい内容だったことから、中々試験に合格することができずにいました。しかし合格するまで頑張ると決めた私は、意地で勉強を続けまして、ようやく合格という結果を得ることができました。ただし私は、それを勤め先の会社で十分に活かすことができずにいたのです。自身でも勿体無いと感じていたのですが、学校を卒業後からずっと勤めていた会社なので、辞めてしまうことに抵抗はありました。

そんな時に転職求人を見ていたところ、苦労して取得した資格を活かせる仕事を発見しました。また未経験からでも始められると分かったのです。これは大きな転機になると感じました。ですから転職の決断をしたのです。しかし必ず転職に成功するという確約はないので、あくまでも勤めながら転職活動を行うことにしたのです。すると何とか資格を活かせそうな企業から採用していただくことができました。以前より仕事に対する意欲が多くなっており、転職をして心から良かったと思っています。また仕事をしながら転職活動を行ったのは、大変ではありましたが、辞めてしまうよりも精神的な負担は少なかったです。