転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

4、50歳代で退職しても転職の可能性を高めるキャリアやスキル

多くの企業で慣行的に続いてきた終身雇用制があっという間に崩れ去り、企業業績が悪化すれば正社員といえども定年まで待たずに希望退職募集に応じて退職せざるを得ない状況がいろいろな業態でみられる時代になりました。従って、従業員は企業業績にしっかりと貢献できる仕事を続けられるよう、業務に対して前向きな姿勢で勤務することが求められるので、昔とは比べようもないほどに職場で緊張感をもっている必要があるようです。しかしながら、このように仕事に熱心に取り組んでいても年齢が40歳代や50歳代になってきて企業業績が悪化する事態が一旦起こると、余程、企業にとって必要不可欠な人材になっていない限り、従業員の削減対象になりかねません。

このような労働環境が今後、逆戻りすることはなさそうなので、正社員といえども若いうちから積極的にいろいろな職場を経験してキャリアを磨き、また、様々なスキルを持って、他業種に転職しても通用するくらいの力をつけておいた方が歳をとってからひやひやしながら働くことも避けられると思います。求人側の必要とするキャリアを持っていれば退職しても転職の可能性が高まるわけですから、キャリアやスキルとともに多くの友人、知人とのネットワークを暖めておくことが転職の際に役立つ話をよく聞くのです。これらはいずれも長い人生の中で一朝一夕に築き上げられるものではないので、平素から目標を立てて計画的に生活することが大切でしょう。