転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

転職する際の苦労について

在職中に転職活動をすると、時に面接と現職のどちらに優先順位をおくか、選択に迫られます。辞めると決めているのなら、転職活動を優先するのが当然と思う人もいるかもしれませんが、あまり現職をないがしろにしている姿勢を転職先に知られると、それが仕事に対する姿勢に繋がると思われて採用を見送られるかもしれません。転職先にはどうしても採用されたい、恩赦の都合を最優先している、との熱意を見せつつも、在職している限り仕事には責任をもつ、という人間性も伝えなければなりません。そのバランスはとても難しいと思います。

転職活動に面接はつきものです。仕事をしている人の都合に合わせて夕方以降や土日に面接日を設定してくれる企業はほとんどありません。平日の昼間、仕事をしている時間に設定されるのが普通です。当然面接の日は有給を取るなりして都合をつけなければなりません。面接のための有給を頻繁にとることで、転職活動を会社に知られてしまう、というケースもよくあります。前もって面接日が分かっていれば良いですが、時には明日、明後日来てほしい、と急に言われることもあります。都合がつけば受ければ良いですが、つかなければ正直にそう伝え、面接日を変更してもらっても良いと思います。